消費増税が思わぬ儲けのチャンス?

消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。

つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、増税後に売却することで、消費税額の差額分をまるまる得できるということになります。

他にも、日本や台湾、カナダなど消費税率の安い国で買った金を、ヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売ることでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。

金の買取を利用する際には、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。

お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合も必ず身分証の提示が必要です。

買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証で身分確認を行うことが法律で義務付けられています。

郵送した商品を査定してもらう場合は、そういった身分証の写しを一緒に送ることで確認に変えるのが一般的です。

最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。

利用時の注意点は、悪質な店に騙されないよう、お店選びに慎重になることです。

最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、その店が本当に信用できるのかどうかをよく検討した上で利用する必要があります。

レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店は手を出してはいけません。

素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、利用する前に確認しておきたいところです。

アクセサリーなどの金製品を手放したいと思っていても、生活圏内には買取店がないこともあります。

そんな方は、ネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。

ネットで簡単なフォームに個人情報を書き込んで送信すると、品物を送る専用の容器が送られてくるので、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。

数日と経たない内に、メールで査定額を教えてもらえるので、その額が納得いくものであれば、承諾の返事をすると、すぐに振込があります。

忙しくて店に行けない方にも便利です。

原則として、18歳未満の子供は、法律や都道府県の条例の定めに従い、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。

さらに、取引の安全を守る意味でも、店が独自に制限を課している場合があり、成人しない内は、売却できないのが通例です。

18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、保護者(主に親)が署名した同意書の持参が必要な場合がほとんどでしょう。

最近は色々なスタイルの金買取サービスが増えてきましたが、中でも買取してもらいたい商品を、ショップに直接持ち込むのが最も一般的な方法ではないかと思います。

目利きに長けた専門家がその場で鑑定を行い、すぐに現金化できるため、詐欺やトラブルとは無縁だといえます。

売る前に、入念に査定額の説明などをしてくれる場合が多いため、その場でよく考え、本当に納得してから売却できます。

安心して利用できますね。

最近、金の価値が上がっています。

金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、金の純度を示す刻印を見てください。

市場において金の純度を証明するため、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。

よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。

金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金だという意味です。

金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。

少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。

営業の電話は普段から色々かかってきますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。

いわく、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、もう要らない商品をその業者に売却できるという話でした。

それなら色々あったなあと思って、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。